近年話題!一戸建て賃貸を利用した田舎移住について解説!

地方の一戸建て

近年、都会から地方の田舎に移住する方が増えてきています。

また、現在都会に暮らしている方のなかでも、田舎暮らしを検討している方や、いつかは田舎に移住したいとあこがれている方もいることでしょう。

しかし、いざ移住するとなると住居の準備など大変な面もあります。

そのようなときにおすすめなのが、田舎の一戸建て賃貸です。

本記事では、一戸建て賃貸を利用した田舎への移住について解説します。

田舎移住に興味を持つ方が増えている

まずはじめに、田舎への移住に関心を持っている方がどれ程いるのか、また地方への移住を考えるようになったのはどのような理由がきっかけなのかをご紹介します。

都市圏の半数近くが地方暮らしに関心を持つ

内閣官房の「 まち・ひと・しごと創生本部事務局」は、2020年(令和2年)2~3月に「移住等の増加に向けた広報戦略の立案・実施のための調査事業」の一環として、東京圏に住んでいる20~59歳の方に対してアンケート調査をしました。

その調査結果によると、約半数にあたる49.8%の方が、地方暮らしに興味を持っていると回答しています。

この結果から、地方移住に興味を持っている方の多さが浮き彫りになったでしょう。

また、田舎移住に興味を持つ方の年齢層が、中高年から若い世代にシフトしていることもわかりました。

地方出身者や若い方のほうが田舎暮らしへの関心が高い傾向にあることも、この調査で明らかになったことの一つです。

地方暮らしを考えた理由

先の調査では、地方暮らしを考えた理由も公表されています。

その結果によると、東京圏出身の方が田舎への移住に興味を持った理由として最も多かったのは、「豊かな自然環境があるため」です。

また、この回答は全体の61.1%を占めています。

一方、地方出身の方は「豊かな自然環境があるため」という回答の割合が 40.9%、次いで「生まれ育った地域で暮らしたいため」が 38.4%という結果になっています。

一戸建て賃貸を利用した田舎移住のメリット

田舎への移住を具体的に検討する際に、住む家をどうするかが重要なポイントになります。

そのような場合におすすめなのが一戸建て賃貸です。

ここでは、なぜ都会から田舎への移住で一戸建て賃貸がおすすめなのか、その理由をくわしく説明します。

地方暮らしを体験できる

田舎への移住で心配なことの一つとして、その地方での暮らしになじめるかどうかがあげられます。

しかし、いったん住宅を購入してしまうと、そこでの暮らしが合わなかった場合、売却手続きなどが大変です。

その点、賃貸物件を借りての移住であれば、住宅を購入するよりも気軽に地方暮らしを体験できます。

もし、その地域での暮らしが合わないと感じた場合、賃貸であれば違う場所への引っ越しも簡単です。

気軽に地方暮らしを体験できる点から、地方では一戸建て賃貸がおすすめでしょう。

初期費用を抑えて移住ができる

田舎や地方であっても、家を購入するとなると、土地や建物の代金、購入時の諸経費など、かなりの初期費用が必要になります。

しかし、一戸建ての賃貸であれば、敷金や礼金、そして月々の賃料、引っ越し費用しかかからないため、初期費用を抑えられます。

また、田舎や地方であれば家賃相場も都会と比べて安く、物件によっては敷金や礼金が不要な場合もあります。

地方の自治体によっては、移住への支援体制が整っていることもあるため、調べてみると良いでしょう。

そのような物件を選べば、より初期費用を抑えることが可能です。

住み分けができる

地方や田舎の一戸建て賃貸は、初期費用が安くて負担が少ないため、都会と田舎との住み分けをしながら田舎暮らしの準備を進められる点もメリットです。

いきなり生活全部を田舎に持っていくのが不安な場合、週末だけ田舎で過ごす期間を設けたい方もいることでしょう。

そのような別荘感覚で週末を田舎で過ごしたい方や、移住検討中の方にとっても、賃貸の一戸建ての利用は有効となります。

こだて賃貸

移住先候補の探し方

都会から田舎に移住しようと考えた場合、移住先をどこにするかが成功のポイントだといっても過言ではありません。

地方出身の方には、勝手がわかっている地元に戻る選択肢もありますが、都会出身の方の場合、どのように移住先を選べば良いのかわからないこともあるでしょう。

ここでは、地方や田舎への移住を考えた際に、移住先をどのように探せば良いのかくわしく説明します。

移住の目的を決める

田舎への移住先を決める際に大切なことは、移住する目的を明確にすることです。

なぜ移住をするのか、目的によって移住先の決め方が変わってきます。

例えば、自然豊かな場所で子育てをしたい、農業を始めてみたい、地方での起業を考えている、リモートワーク化にともなって環境の良い場所で仕事をしたいなどです。

移住する目的をしっかりと決めてから、移住先の選定に移りましょう。

興味のある自治体の移住相談会などに参加する

移住の目的が明確になり、興味のある移住先の候補がいくつか出てきたら、どのような場所かを調べましょう。

調べる際にぜひ活用したいのが、その地域の自治体の役所、役場です。

地方や田舎の自治体では、移住を相談できる窓口を開設しているところがあります。

また、相談会や説明会が定期的に開かれているところもあるため、興味のある地域の自治体のホームページなどで調べて参加してみると良いでしょう。

実際に訪れてみる

移住先の情報を集め、より具体的に移住先の候補が決まったら、実際にその地を訪れて確認することがおすすめです。

実際に訪れることで、新たに発見できることも多いでしょう。

良さそうな地域が思っていたようなところでなかったり、反対に訪れてみると思っていたよりも良い場所だったりすることがあります。

最終的には実際に訪れた際の感覚で、移住するかどうか判断すると良いでしょう。

【最新版】人気の移住希望地域ランキング

最後に、「認定NPO法⼈ふるさと回帰⽀援センター」が2021年3月にリリースした、「2020年の移住相談の傾向、移住希望地ランキング公開」を元に、2020年の人気移住希望地域ランキングをご紹介します。

地方移住の相談者やセミナー受講者に対して毎年おこなっているアンケート調査によると、人気のある移住希望地域ランキングの結果は次のとおりでした。

【窓口相談者】
1位 静岡県
2位 山梨県
3位 長野県
4位 福岡県
5位 宮城県

【セミナー参加者】
1位 和歌山県
2位 広島県
3位 佐賀県
4位 静岡県
5位 長野県

窓口が東京都にあるため、窓口相談者の希望移住先は東京周辺が多いです。

一方、セミナーはオンラインで全国から参加者がいるため、希望移住先として和歌山県や広島県など幅広い選択肢があがっていると考えられます。

いずれにしても、首都圏や都市部からそれほど大きく離れていない、自然豊かな地域の人気が高い傾向にあるでしょう。

一戸建て賃貸探しは、「こだて賃貸」にお任せ!

ここまでご紹介した通り、地方や田舎への移住を考えている方や、都会と田舎との住み分けを考えている方におすすめなのが一戸建て賃貸です。

移住の目的に合わせた一戸建て賃貸を選べば、初期費用を抑えて自然豊かな地域での暮らしを楽しめます。

移住先として一戸建て賃貸物件を探す際におすすめなのが「こだて賃貸」です。

理想の田舎での移住生活を実現するためにも、ぜひ「こだて賃貸」で一戸建て賃貸物件を探してみてください。

こだて賃貸サポートセンター