一戸建て賃貸の天井の高さの平均は?天井が高いことのメリットについて解説

高い天井

一戸建て賃貸物件の天井の高さは、物件全体の高さによって異なります。

そのため実際に内見に行き、過ごしやすいと感じる物件を選ぶことが大切です。

また天井が高いと開放感を得やすくなったり、リラックス効果をあったりと、さまざまなメリットがあります。

この記事では、一戸建て賃貸物件の天井の高さの平均や、天井が高いことでのメリット、デメリットをご紹介します。

それぞれを考慮したうえで過ごしやすい物件を見つけましょう。

一戸建て賃貸の天井の高さの平均は?

一戸建て住宅の平均的な天井の高さは、2.3~2.4メートルです。

一戸建て住宅全体の高さに左右されるものの1階部分は約2.4メートル、2階部分は約2.2メートルが多くなっています。

そして天井が2.4メートルほどあれば、息苦しさや窮屈さを感じることなく生活できるでしょう。

また建築基準法で、居室の天井の高さは2.1メートル以上でなければいけないと定められています。

居室とは、居住や娯楽などに使用する部屋のことです。

ダイニングや寝室などが当てはまる一方、トイレや浴室などは居室に当てはまりません。

天井が高いメリット

天井が高いことで得られるメリットは、以下の5つです。

  • 開放感がある
  • 高級感が出る
  • 広く感じる
  • 背の高い収納を設置できる
  • リラックス効果がある

それぞれのメリットを詳しくチェックしましょう。

開放感がある

天井が高いと開放感を得やすくなります。

反対に天井の低い部屋は圧迫感を受けやすく、日々の生活でストレスが溜まってしまうかもしれません。

そのため、特に家族が集まる場所でもあるリビングやダイニング、玄関などの天井が高い住宅がおすすめです。

部屋のなかでのびのびと過ごしたい方は天井の高い住宅が選ぶと良いでしょう。

高級感が出る

天井の高い部屋はインテリアの自由度が上がるため、高級感のある居住空間を作れます。

例えば大きなシャンデリアを飾ることもできるでしょう。

天井に高さがあれば、大きな照明を飾っても圧迫感を得ることなく、高級感を演出できます。

そのため高級感のあるインテリアを飾りたい方には、天井の高さに余裕のある部屋がおすすめです。

広く感じる

天井が高いと、実際よりも部屋が広く感じます。

部屋のなかに視界を遮る物が多いと狭く感じてしまうためです。

天井の高い住宅では天井が視界に入りにくく、かつ部屋の奥まで見渡しやすくなるため、実際よりも広く感じやすくなります。

そのため狭い住宅であっても、天井が高いことで広い部屋に見せることができます。

背の高い収納を設置できる

天井が高いことで、背の高い収納も問題なく配置できるでしょう。

例えば壁を利用した壁面収納も、天井が高いために多くの物を収納できます。

そして天井が高いため、背の高い収納を設置しても、圧迫感を得ることなく広々とした居住空間になるのも魅力です。

多くの物を収納したい方や、背の高い収納を設置したい方には、天井の高い物件はおすすめです。

リラックス効果がある

天井が高いとリラックスしやすくなり、部屋での滞在時間が長くなります。

これはカテドラル効果と呼ばれ、ホテルのラウンジやスーパーマーケットなどでも利用されている心理効果です。

つまり家族が過ごしやすい環境を作るためには天井の高さが重要です。

天井が高い部屋ではリラックスできるため、家族が集まりやすくなります。

こだて賃貸

天井が高いデメリット

天井が高いことでメリットが得られる一方、デメリットもあります。

想定外のトラブルやコストを防ぐためにもメリットだけではなく、デメリットもよく確認しておきましょう。

照明の交換が大変

天井が高いと照明のメンテナンスに注意が必要です。

電球が切れた際に、高いところへ昇って交換しなければいけません。

天井の高さによっては、自分で交換できずに業者を呼ばなければいけないこともあるでしょう。

ほかにも照明器具の掃除をおこなう場合も同様で、高い場所での作業となります。

そのため天井が高い場合は、照明のメンテナンスをどのようにおこなうか、あらかじめ考えておくのがおすすめです。

エアコンの循環効率が落ちる

天井が高いと空間が広くなるため、冷暖房の効きが悪くなります。

そのため一般的な天井の高さの住宅よりも、電気代がかかるケースもあるでしょう。

ただし近年の住宅は断熱性や気密性が高くなっているため、エアコン一台でも冷暖房の効果を感じやすくなっています。

寒さが気になる場合は、床暖房を併用する方法もおすすめです。

窓やカーテンの値段が高くなる

天井が高いと窓が大きくなるため、カーテンやブラインドをオーダーメイドやセミオーダーメイドで製作しなければいけないケースも珍しくありません。

既存の商品と異なり特注品は価格が高いため、大きな出費となる場合もあるでしょう。

また窓ガラスも同様で、サイズが大きいほど交換する際の費用が高くなります。

そのため物件を選ぶ際は、窓のサイズにも注目しておくのがおすすめです。

一戸建て賃貸の天井の高さは内見でチェック!

天井の高さは、部屋によって異なる場合があります。

例えば家族の集まるリビングは少し高めの2.4メートルで、座って過ごすことの多いダイニングは少し低めの2.2メートルに設計されている物件も存在します。

そのため一戸建て賃貸を探すときは内見に行き、天井の高さを肌で感じることがおすすめです。

実際に内見すると、部屋での過ごしやすさをチェックできます。

一戸建て賃貸探しは、「こだて賃貸」にお任せ!

一戸建て賃貸の天井の高さは物件によって異なるため、内見でチェックするのがおすすめです。

天井が高いことでのメリットやデメリットを踏まえたうえで、過ごしやすい物件を見つけるのが良いでしょう。

「住みやすい住宅環境を整えたい」とお考えなら、一戸建ての賃貸物件がおすすめです。

多種多様な物件を探せる「こだて賃貸」で、理想の一戸建て賃貸を見つけましょう。

こだて賃貸サポートセンター